ベトナムの「カラオケ」、「ガールズバー」、「クラブ&ナイトバー」をご予約する際は、当サイト、ホーチミン夜旅をご利用ください。

クラブ&バー

ベトナムでは近年ビアクラブが爆発的人気。老若男女問わず夜な夜な店に集い、爆音のミュージックと共にビールを飲んでワイワイ楽しみます。同ページでは人気のビアクラブ、レディを連れて行きたいお洒落バーなどをすべて紹介。ナンパ目的で行くのもいいですし、すでに同伴してくれるレディがいれば、もうひと押ししてくれる雰囲気のあるお店を選ぶといいでしょう。そのあとのホテルまでの道のりがぐっと短くなるはずです。

ランウェイ・ビアクラブ(THE RUNWAY BEER CLUB)

空港近くにある地元に人気のビアクラブ。1区から車で20分ほど北上したところにあり、すぐ近くがホーチミンのベッドタウンであるゴーバップ区という立地柄、週末は非常に込み合います。まだまだすれていない若いベトナム女性が多く集い、外国人だと分かると、向こうから積極的に話しかけてきてくれるかも。

サラビアクラブ(SAHARA BEER CLUB)

バックパッカー街のブイビエン通りにある大人気のビアクラブ。ベトナム人と外国人双方多く訪れ、夜通し夜遊びしたいベトナム美女がわんさかいるおすすめナイトスポットです。

ココイス(KOKOIS)

2区のタオディエン地区の中心に建つ「ココイス」は、開放的な屋内とソファ席完備の緑豊かなオープンエア席があるカフェ&バー。夜は特にロマンティックな空間が広がり、ベトナム女性なら誰もが憧れるお洒落な時間を満喫することができます。

エアー360スカイバー(Air 360 SKY BAR)

ベンタイン市場南方にある屋上スカイバー。日本人にとっては穴場のスカイバーとして、女性を落とすデート先にとっておきたい。夜景は格別で市場、ビテクスコフィナンシャルタワーなどホーチミンを象徴するシティビューを眼下に眺めることができます。

ホップス(HOPS)

1区北部にあるビアクラブ。ローカルチックなので治安良好。女性も安心してお酒を飲めます。意外と日本人客もちらほら見かけ、ベトナムの"流行り"を体験することができます。

ポックポック・ビアガーデン(POC POC BEER GARDEN)

ハイバーチュン通りを北上して一本道を曲がった傍にあるベトナム人に人気のビアガーデン。広い面積で開放的な空間。ビールを飲みながら歌って踊って騒げるナイトスポット。あのサッカー選手ロナウジーニョ氏も遊びにきました。

ラスベガス・ビアクラブ(LAS VEGAS BEER CLUB)

ホーチミン1区中心コンクイン通りとグエンチャイ通りのロータリー角地に店舗を構える人気ビアクラブ「ラスベガス」。特に週末は多くのベトナム人と外国人で賑わうナイトスポットに。南国のベトナムパラダイスをまだ味わったことがない方は、ここで思う存分満喫していってください。

エムオービー(MOB)

統一会堂の向かいにあるビアクラブ。立地柄外国人の客層に恵まれナムキーコイキア通りを行き交う車の雑踏を眺めながらベトナムらしい夜をおくることができます。ベトナム女性を連れる欧米人客も多く見かけます。

ワンプラス・ビアクラブ(ONE PLUS BEER CLUB)

ホーチミン1区の中心、サイゴン川沿いを走るトンドゥックタン通りで営業する人気のビアクラブ。プロおよびセミプロのダンサーや歌手によるパフォーマンスショーも開催。飲んで歌って踊っての三拍子揃った若者向けの屋外クラブです。女性に特に人気です。

アレブー(ALLEZ BOO)

デタム通りとファングーラオ通りの交差点に建つ、バックパッカー街の顔的存在のバーレストラン。ドアのないモダンなバンブー調の内装は南国ホーチミンらしく、昼間からビールやカクテルを飲むのであれば、雰囲気ともにこちらがおすすめ。お酒の他にもベトナム、西洋料理が揃っているので、夜遅くまで外国人で賑わっているナイトスポットです。

サイゴンサイゴンバー(SAIGON SAIGON BAR)

5つ星のカラベルホテルの屋上で営業するレストランバー「サイゴンサイゴンバー」。ルーフトップと屋内席は双方とも眺めは言うことなし。昼間のシティビューも煌めく夜の夜景も大切な人と一緒に眺めたくなる、そんなお洒落なロマンティックバーです。

セブンティーンサルーン(SEVENTEEN SALOON)

バックパッカー街のファングーラオ通りで毎日夜営業のカウボーイチックのナイトバー「セブンティーンサルーン」。ダナンにも2号店がある人気店で、ファングーラオ通りのナイトスポットでは老舗を誇ります。薄暗闇はウェスタンバーの雰囲気が漂い、中央ステージでは毎夜エキゾチックなダンスを楽しむことができます。女性同伴であれば親密になれるおすすめのナイトバー。

  • 1 (current)
  • 2
To Top
Copyright © 2017 ホーチミン夜旅 - Sitemap