ベトナムの「カラオケ」、「ガールズバー」、「クラブ&ナイトバー」をご予約する際は、当サイト、ホーチミン夜旅をご利用ください。

シーン別風俗店選び

-

ベトナムのナイトスポット「カラオケ」で遊ぶ前に必ず知っておくべき事

カラオケ店サラの女の子がソファに座っている写真

カラオケ店「サラ(Sarah)」にて

世界各国には様々な風俗の種類があります。当サイト夜旅で紹介しているカラオケは、日本でいうキャバクラに相当する風俗形態。カラオケ街を歩いて目ぼしいお店を見つけて入れば、ママさんにカラオケルームに案内されます。そして、数十人並ぶ女の子を指名して、時間制限なしでその子と一夜のアバンチュールを楽しむことができます。

 

ホーチミンでそういった日本人行きつけのカラオケ街があるのは、1区の中心レタントン通り周辺が最も有名。観光の中心地であり、レタントン通りを中心にドンコイエリアの市民劇場までカラオケ店は続いています。その数は数十にも及び、在住者は2つか3つ、常に行きつけのお店を持っている者です。

 

そこで、今回紹介するのはカラオケ初心者の方に知っておいてほしい、5つの注意事項。これを知らないで行くと、想像とは違い不完全燃焼の一夜になってしまうかも……。

 注意その1.「お持ち帰り」できないカラオケ店も多い

カラオケ店スイカの女の子一人の写真

カラオケ店「スイカ」にて

日本でもキャバクラの女の子をアフターでホテルに誘うことはかなり困難ですね。相当お金を使っていれば別ですが、少なくとも一見客では不可能に近い所業。ベトナムのカラオケではお持ち帰りもサービスの一つとしてありますが、実はすべてのカラオケ店が斡旋しているわけではありませんし、またすべてのカラオケレディをホテルへ連れていけるわけではありません。

 

カラオケレディを連れ出しできるか否かは、主にオーナーのお店方針によるところが大きいです。お店のオーナーの中には「女の子は娘のようなものだから、ホテルへ行ける子は基本的に用意していない」という人もいます。女性オーナーのお店に多いですね。ですので、もしホテルへ行く気が少しでもあるのであれば、連れ出し可の女の子が多く在籍しているところを選ぶ必要があります。

注意その2.ぼったくりの店もいまだに多い

日本の人気銘柄のお酒が並んでいる写真

レタントン通り界隈のカラオケ店やガールズバーといった風俗店は日本人を主な顧客に抱えているので、安心と信頼を大事にしているお店がほとんどです。しかし、残念なことに“押しに弱い日本人”を利用してぼったくりを働く悪質なお店も紛れているのも事実です。そういったお店は小さな規模で経営していて、ころころと店名を変えます。また、横のつながりがほとんどないため、他のカラオケ店のオーナーに訊いても、そのお店事情は闇の中。当夜旅もなかなか把握できていないのが実情です。

 

ぼったくられる方法としては、ありがちですが会計時に高額を請求されるパターン。レディースチャージ、カスタマーチャージ、などとさまざまな項目を付けて、通常の3倍から5倍以上の高値をふっかけてきます。できれば何も情報のないお店は選ばないようにするのが得策といえるでしょう。

 注意その3.ガールズバーは綺麗どころが多い

ガールズバー「mimi2」在籍の女の子2人が写っている写真

ガールズバー「ミミ2」にて

もし純粋にかわいい子とお酒を飲みたいというのであれば、カラオケではなくガールズバーに行くのも一つの手です。ガールズバーはどこのお店も小規模で、キャパシティ5人~10人程度のカウンターのみ置いているところがほとんど。在籍のベトナム人レディもカラオケと比べると少なく、5人から10人程度が主となります。お酒一杯でずっといることができるので、テーブルチャージがかかっても料金はカラオケの半値以下に抑えることができます。

 

そのガールズバーですが、意外と知られていないのが、「少数精鋭部隊」というもの。常時待機しているレディが5人いたら、5人全員がそこらへんでは見ることのない美女であることもあります。量より質で女の子を用意しているのがガールズバーの特徴と言えるでしょう。ただし、そのため日本語レベルに捉われていないため、会話は英語のみであったり、日本(人)にあまり興味がないレディも多いことも事実。また、サービスの質(きちんとレディが横に座ってくれるかどうか)も店によってまちまちなので、こちらも店選びは慎重に行いましょう。

注意その4.カラオケレディを持ち帰る料金はお店によって異なる

カラオケのレディがカメラに向かってポーズをしている写真


一緒にカラオケで歌って飲んで騒いでいると、「この子とホテルに行きたい」と考えはじめるかもしれません。もし旅行者や出張者であれば、次ベトナムに来る機会がいつかは分かりませんね。せっかくのチャンスは逃してはいけません。そこで、ホテルへ持ち帰るための交渉をカラオケレディと直接するのですが、その料金相場はピンキリ。100ドル程度で行ける子もいれば、150ドル提示する子もいます。また、お店側方針もまちまちで、多くのお店は、店外交渉はあくまでもお客様とレディの個人的なやりとりだから、店は関与しないと決めています。しかし、中にはお店側が定額料金を決めていて、レディとの料金交渉を不要にしているお店もあります(→カラオケ店「銀座」)。

 

ベトナムの風俗を見てみると、カラオケレディのお持ち帰りはかなり高めの様子です。ただし、彼女たちは普段は学生や日系企業で働くOL、スーパーのレジ打ちだったりと、いわば素人。プロではない分、価値が高くなるのはベトナムも同様のようです。また、お店から連れ出す際は、カラオケレディは早退扱いとなるので、お店に罰金を払わなければなりません。ゆえに、その罰金料金も上乗せして100ドル以上かかってしまうという、業界ならではの理由もあるようです。

注意その5.ボディタッチがどのレベルまでOKかは嬢によってかなり異なる

カラオケ店「フォーエバー」の2人の女性が写っている写真

カラオケ店「フォーエバー」にて

カラオケではどの程度までレディとスキンシップができるのでしょうか。これはお店やレディによるところが大きく、中には手を握るくらいしかさせてもらえないレディもいます。レディがここで働いているのには、さまざま事情があるようなので……。まあレディの中には肩を抱くことができる子もいますし、もっといえば胸を触っても問題ない子もいます。どこまでが許容範囲なのかは一概には言えませんので、お客様の長年の勘で見定めてください。

ベトナムのカラオケ風俗を思う存分満喫して

今回紹介した5つの事柄は、ベトナムの風俗スポットであるカラオケを利用するにあたっての最低限の知識となります。特に失敗が許されない旅行者や出張者は、滞在中行くことができてもせいぜい1度か多くて2度。その貴重な時間とチャンスを無駄にしないために、是非店選びは目的を持って慎重に行いましょう。

 

>>店舗選びに関するご相談・ご予約

Name ベトナムのナイトスポット「カラオケ」で遊ぶ前に必ず知っておくべき事
Category カラオケ 夜 ナイトスポット 選び方 注意
Address
Tel/Booking
Open
Card
Access

Booking


当サイト「ホーチミン夜旅」にてカラオケ/ガールズバーをご予約いただきまして、誠にありがとうございます。予約内容は下記のフォームにご記入ください。追ってご連絡致します。緊急のご予約・ご相談であればTEL:0084-167-334-1473 LINE ID:yorutabi or saigonyuki※日本人担当:結城(ゆうき)までご連絡ください。

あなたの意見



Other articles

若い子が多いホーチミンの風俗店 5選

ホーチミンで風俗を楽しむなら、どうせなら同じ美女でも若い子がいいですよね。そこで、今回はホーチミン市内の風俗店で、若い子をより多く取り揃えているカラオケ店をご紹介します。

若い カラオケ

日本語で会話可能!ホーチミンで持ち帰り目的なら絶対おすすめの風俗カラオケ店

(5/5)

ホーチミンの風俗といえばカラオケがメイン。カラオケでベトナム美女と楽しんだあと、レディをホテルに持ち帰ることができます。しかし、持ち帰り不可のお店も多いため、事前のお店選びが肝心。今回は持ち帰り目的の方限定で、人気の風俗カラオケ店を3つ紹介します。

カラオケ 風俗 持ち帰り 人気 おすすめ

ホーチミンの夜の風俗。予約が必要な理由

当サイト「ホーチミン夜旅」は、ベトナムのホーチミン市内にある風俗(カラオケ・ガールズバー)の予約・情報サイトです。「風俗を予約」と聞いてピンとこない人も多いでしょう。今回は、予約する理由、及び特典などを解説します。

風俗 予約 相談 人気 おすすめ

To Top
Copyright © 2017 ホーチミン夜旅 - Sitemap