どこに何がある?ホーチミン1区の風俗エリア情報

夜の繁華街

ホーチミンはベトナム最大の観光都市。そのホーチミンに旅行、ビジネスで訪れる訪越客は年間35万人にも上ります。男性ならば当然気になって来るのが、旅先の風俗事情。当サイトでおすすめしているのは、レタントン通り界隈にあるカラオケやガールズバーですね。

しかし、初めてホーチミンに訪れる方は、そのレタントン通りが何区にあるのか、またどこにあるのかも分からないのでは。住所を見ても地理が分からなければ行きつくことはできませんし、ベトナムのシムカードがなければ道を歩きながらグーグルマップで現在地を確かめることもできません。

そこで、今回はホーチミン市内の””どこでどんな風俗を楽しむことができるのか””を紹介したいと思います。

ホーチミン中心1区:レタントン通り

観光客、ビジネスマンのほとんどの方が滞在するのが、ホーチミンの中心である1区。市民劇場や聖母マリア教会、ベンタイン市場にバックパッカー街とすべての観光名所がぎゅっと詰められた大都会です。

その1区で風俗のナイトスポットとしておすすめなのは、主に「レタントン通り」と「バックパッカー街」、そして「ドンコイエリア」の3つのエリア。

レタントン通り

別名日本人町と言われているレタントン通りは、トンドゥックタン通りからベンタイン市場まで続く長い通り道です。ナイトスポットがあるのは、その内日本人町であるトンドゥックタン通りから入った100m圏内。大通りよりも路地先に並んでいて、夜になると露出の高い服を纏うベトナム女性が道を闊歩しはじめるので、すぐに分かります。

ここで遊べるのはカラオケとガールズバー。指名したベトナム女性と一緒にお酒を飲みつつ、カラオケを楽しむことができるオーソドックスなナイトスポット。ビジネスシーンで接待スポットとしてもお馴染みです。ライトな風俗となるので、初心者の方でも気軽に楽しむことができます。

バックパッカー街

バックパッカー街はファングーラオと呼ばれる一区画の通称。ブイビエン通りとファングーラオ通り、デタム通りをメインストリートとして、その範囲の路地裏や細道には怪しげなお店や呼び込みするベトナム人がいます。

ここで楽しめるのはセクシーマッサージ、ナイトバー、ホンダガールです。ホンダガールは立ちんぼなので、ちょっと危険な香りでおすすめできませんね。ナイトバーは夜営業のバーで、単純にレディと一緒にお酒を飲むだけでも問題ありません。交渉の末ホテルに行く場合は、近くの安ホテルを借りることになります。レタントン通りと比べると随分垢抜けたナイトエリアで、どちらかというと欧米人御用達。バンコクのナナやカオサンとはまた異なる雰囲気があるので、レタントン通りの次に行く風俗エリアとして押さえておきましょう。

ドンコイ通りエリア

ドンコイ通り界隈にホテルをとる人は旅行者、出張者問わず多いですね。3つ星~5つ星までホテルが充実しています。そのドンコイ通り界隈は昼夜問わず風俗産業が盛ん。ただし、ぱっと見て分かるお店はありませんし、たいていは秘密の場所として潜んでいるので、歩いて見つけることはできません。このドンコイ界隈で楽しみたい方は、バイクタクシーのおじさんに連れて行ってもらうのが一番手っ取り早いです。ただし、かなり高いので、覚悟は必要。予算は200ドル程度持っていくといいでしょう。

ここでの風俗はホテルで本番ありのデリヘル型、もしくはお酒(ビール)を女の子と一緒に飲んで、その後交渉次第でホテルで本番の2つのパターン。ただし、上述したように予算を持っている旅行者が多く利用するので、料金は割に合わない高さとなります。また、バイクタクシーについていくという恐怖心も少なくないはずです。

ホーチミンのナイトスポットは1区が中心

郊外の風俗はかなりローカル度が高く、日本語や英語を話すレディはほとんどいません。料金は確かに安いですが、レディの質、サービス、治安、公安対策などを考えたら、外国人は上記で紹介した1区中心のいずれかのスポットがおすすめとなります。ホーチミン滞在が慣れてくると、少しずつローカルスポットへ足が向きがちですが、特にビジネスマンの方は「後悔してからじゃ遅い!」、「公安やマフィアに捕まってから(レタントンのカラオケにしておけばよかった)と後悔しても時すでに遅し」ということを覚悟の上、今宵どこに繰り出すのかを考えるようにしましょう。