ベトナムで風俗夜遊び!ハノイとホーチミンの違いは?

ゴーバンナム通りの入り口

ここ数年でベトナムへ訪れる旅行者、出張者は右肩上がり。ベトナムが東南アジアの中でも治安がよく、直行便も多数出ていることで、日本人旅行者の間でも注目度が上がってきた様子です。また、チャイナプラスワンと呼ばれて以来、ベトナムに工場や支店を置く製造業、メーカー、IT企業も依然として増えています。

そんな中、男の夜遊びといえば、やはり風俗は外せませんね。旅行者・出張者ともに、「これが本当の目的」と言わんばかり。しかし、社会主義のベトナムで風俗遊びは、他国と勝手が違うのでしょうか。また、北部首都ハノイと、南部ホーチミンでは風俗の遊び方、夜遊びの方法に違いがあるのでしょうか。

ベトナムと他国の風俗夜遊びの違い

カメラを見つめる女性

社会主義国のベトナムですが、町を観光している分には至って普通。ところどころでプロパガンダの名残を見つけることはできますが、それも昔の産物のように見えます。ベトナムに進出している日系企業の駐在員にとっては、「警察がマフィアのようだ」と言いますが、それはタイやインドネシアといった他の東南アジア諸国も似たようなもの。しいて言うなら一党独裁なので、政治腐敗度が高いことくらい。

また、ベトナムでは風俗は違法なので、基本はカラオケや床屋などを表向きとしているところが普通となります。時折警察の摘発がありますが、それは警察に賄賂を払っていないローカルなお店ですので、旅行者や出張者が行くようなきちんと?した風俗店でしばかれることはまずないと言っていいでしょう。

ホテル事情はほとほと困るかも

ベトナムの安宿

しかし、他国で問題なくとも、ベトナムで問題ありなのが「ホテルに連れ込む」こと。先ほど言ったように、旅行者や出張者が行くようなきちんとした風俗店では、店内で売春行為はできません。女の子をホテルに持ち帰るのが常套手段となりますが、ベトナムには「22時以降の外国人男性とベトナム人女性の同室は禁止」という法律があります。一時撤廃されたとも言われていますが、警察もホテルも知りませんので、いまだ4つ星、5つ星といった高級ホテルでは、連れ込みができない状況が続いています。

>>連れ込み可能なホテルに宿泊しよう!

ベトナムで風俗夜歩き!ホーチミンとハノイの違いは?

エロマッサージ店の部屋

「同じ国の中で夜歩き事情が違うなんてあるの?」
と思うかもしれませんが、実はあるんです。ハノイはベトナムの首都。行ってみれば政治のおひざ元ですね。世界各国のVIP、要人、政治家が訪れるため、ハノイ市街地中心は風俗の規制が年々厳しくなっています。

例えば、夜旅では風俗カラオケ店が優良・安心だとおすすめしていますが、そのお店も公安が来る度に賄賂を払ったり、定期的に店名を変えて営業したりと涙ぐましい努力をして日本人男性をもてなしてくれます。

ホーチミンではそこら辺にある偽装床屋(店内ピンサロ型風俗)も、ハノイではめっきり見ませんし、旅行者や出張者が行きやすい旧市街のお店はいつ行っても混んでいて、正直萎えます。

一方、ホーチミンはちょっと中心部から離れたら通り沿いに十軒ほど偽装床屋が並んでいたり、ホンダガール、立ちんぼ、置屋といった東南アジアの代名詞的風俗店が分布しています。
風俗遊びを目的に旅を計画するなら、断然ホーチミンと言えるでしょう。