ベトナムのカラオケは風俗。日本のキャバクラとの違い

キャバクラのようでキャバクラではない

ベトナムの風俗事情をネットで調べてみると、「日本のキャバクラ、セクキャバと同形態の風俗」と紹介されていますね。確かにそんな感じではありますが、東南アジア独特の雰囲気もありますし、ルールも日本とは少し異なる様子。

そこで、今回はベトナムの風俗であるカラオケと日本を比較したときの相違点を考えてみたいと思います。

お客にとっての最大の味方:飲み放題プランがある

キャバクラでは1時間5000円といった時間制限を設けているのが通常ですね。また、指名料は別途とられるため、大部分のお客はフリー(指名無し)を選ぶことになるでしょう。しかし、これだと人気の美女を選ぶことはまず不可能。

一方ベトナムのカラオケに目を向けてみると、どこのカラオケ店も設定しているコースが「飲み放題」。時間制限無し、歌い放題、飲み放題、女性1名指名が含まれたパッケージコースです。料金相場は40~50ドル。キャバクラの1時間に相当します。ぼったくり無しの明瞭会計となるほか、早くに行けば、その店の人気No.1の女の子を指名することだって可能です。日本のキャバクラのように回転はありませんので、心行くまで彼女と肩を寄り添うことができます。ただし、女性が飲むドリンクは別料金なのは同じです(お店によってはワンドリンク含まれているところはあります)。

女性を実物の中から指名できる

東南アジアというよりは世界の風俗店ではこちらがメジャーですね。ただ日本ではフォトショップで加工された写真の中から選ばなければなりません。これだと、どんな子でも基本は3割減なのが悲しいところ。

しかし、ベトナムのカラオケではそんなことはありません。まずお店に入ると、その場もしくはカラオケルームにて女の子が集まってきます。お客はその中から女の子を品定めして選ぶことができます。これはギャップがゼロの大きなメリットではないでしょうか。

ホテルへの持ち帰りができるか否かの見分け方

読者の中で「キャバクラの子をその日に持ち帰りしました」という猛者はいったいどれほどいるでしょうか。基本はできませんよね。キャバクラでは女性は店の宝。しっかりとボーイに守られて、みなさんタクシーや専用車で送迎されます。また、キャバクラに入れ込む人にとって、彼女たちは一種の高嶺の花。ホテルへ行きたいなら、別形態の風俗へ足を運ぶべきと考えるのが普通です。

しかし、ベトナムのカラオケではその境界線がなく、ベトナムのキャバクラと呼ばれているカラオケであってもレディをホテルに連れて行くことは可能です。また、お店によってはチーママが「この子はホテルに行ける子、この子は行けない子」といった風にこっそりと教えてくれます。もし目的がそこにあるのであれば、レディを指名するときにチーママに訊くといいでしょう。

携帯の連絡先の交換ができる

ベトナムでは指名した女の子との直の連絡先の交換は非常に容易です。日本でもできるのですが、本当にその子の直アドなのか分かりませんし、キャバクラの子はたいて3~4つスマホを持って、客用とプライベート用に使い分けていますね。さらに、キャバ嬢は原則フリー(指名無し)客以外とは連絡先は交換しません。これは指名された嬢の客を奪うに値して、トラブルの原因になるからです。

しかし、ベトナムのカラオケではそんなことありません。「連絡先交換しよ」といえば、誰もが気軽に自分のスマホの連絡先を教えてくれますし、いつなんとき連絡しても、まるで友達のようは返信が返ってきます。

ベトナムのカラオケは出会いの場

キャバクラは言ってみれば、その場での癒しの提供。昼間にキャバ嬢とデートをするのは困難ですね。これは、キャバクラで働く女性が客を異性の恋愛対象として見ていないことが理由に挙げられます。いわゆるお客さんですね。

しかし、ベトナムのカラオケで働く多くの女性は、お客との出会いを恋愛対象としてみています。もちろん経済面などの下心も多少はあるのでしょうが、お客にとってもそれは待ち望んでいることでは。毎回指名している意中の子とデートやアフターを重ねてみてください。「お客→恋人」への発展も十分考えられます。