ベトナムの置屋はディープで広い!素性を公開。

エロマッサージルーム

東南アジアのベトナムは、風俗の観点から見るとかなり奥深い、ディープな国といえるかもしれません。例えば同じ東南アジアの国でバンコクが男性の夜遊び場として人気ですが、性に緩く、開拓されていていまいち盛り上がりにかけるかもしれません。旅慣れた方、風俗好きの方でも、「ベトナムの風俗はまだまだ未開」という人もいます。

そんなベトナムの風俗産業の底部に佇む存在が「置屋」。今回はベトナムにおける置屋の概要をご紹介したいと思います。

ベトナムには2種類の置屋がある

ベトナムには昔から2パターンの置屋があります。ベトナムでは風俗は違法のため、いずれも隠れてひっそりと営業していますので、ベトナムの風俗情報があまりない方が行き当たりばったりで見つけるのはまず無理といえるでしょう。

パターン1:1発1000円!深い闇を感じるローカル置屋

カフェオム、ビアオム、カラオケ、ガールズバー、コールガールなど、ベトナムには数多くの風俗形態が存在しますが、ローカル置屋は立ちんぼに並ぶ底部といえるでしょう。ローカル置屋は粗末なほったて小屋で性行為を行います。小屋の前には売春の子が椅子に座って客待ちをしていますし、置屋は町中に一つ二つあるわけではなく、通り沿いに十軒近くあるのが普通。そこを通ればすぐに分かるでしょう。

もちろん行為をする部屋の中は不衛生です。ベッドはなくござが敷いてあり、そこでやることになります。部屋は薄暗いため不気味ですし、トラブルもあります。それらを承知した上で覚悟を持って臨むのであれば、一生に一度の思い出としてはいいかもしれません。料金はどこのお店も1000円程度と非常に安く、ときおり田舎出の若い子もいますが、大抵は残念な容姿。こちらも覚悟を。

パターン2:外国人御用達の高級置屋。ベトナムらしい隠れ風俗

もう1つの置屋は、ぐっとランクが上がって旅行者御用達となります。ローカル置屋は郊外にあり、現地人の知る人ぞ知る場所にしかありませんが、こちらは日本のウェブサイトの中でも情報が出回っているので、比較的とっつきやすい風俗となります。こちらの置屋は外観は普通の縦長の家なので、外から判断するのは多少困難です。ホーチミンでは「空港近くの韓国人街」がキーワードの”タンロン(Thang Long)通り” に外国人向けの置屋が多数あり、こちらはピンクのガラスドアであったり、美容室のポールが立っていたりと何かしら妖艶な雰囲気があるので分かりやすいです。

また、住宅街にもひっそりと営業している置屋もあり、こちらも空港からほど近い場所にちらほらと点在しています。こちらの置屋のシステムは、まず中に入ると広いリビング兼受付があり、すでに女の子が10人近く座って待機しています。そこから好みの子を選ぶだけ。料金は後払いで、相場は4500円(約90万ドン)ほど。向こうも外国人をメインの顧客にとっているので、下手なぼったくりはしてこないので安心してください。

カラオケと比較したときの置屋のメリットとデメリット

路地中にある場合も

置屋は御覧のようにローカルと外国人向けと2つの種類があり、いずれも日本にはちょっと見られない風俗なので興味そそるものです。そこで、当サイトで積極的に紹介している風俗カラオケと置屋を比べた場合、置屋のメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

置屋のメリット

まずメリットとして挙げられるのが「料金」。カラオケではレディとの交渉にもよりますが、相場は1万円~。対して置屋は外国人向けであっても、カラオケの約半値でサービスを受けることができます。置屋によっては10人以上の風俗嬢を待機させている店もありますので、数多くの中から選ぶことができるでしょう。

続いて挙げられるメリットが、「彼女たちはプロ」だということ。どんな子でも一定のサービスは受けることができますので、満足度は高いでしょう。ただし、これは外国人向けの置屋に関して。ローカル置屋は受け身の子がほとんどです。

置屋のデメリット

一方デメリットもあります。まずは先にも述べましたが、旅行者や出張者、それと夜遊びになれていない在住者にとっては、置屋の場所を見つけるのが非常に困難です。先ほど説明したように、外国人向けの場合はなかなか外観からは判断ができないので、事前に通りの名前や番地などの情報収集が欠かせません。

それと、置屋の女性たちはもちろんのことながら日本語が話せません。外国人向けであれば多少の英語は話せる子もいるでしょうが、それでもその程度。会話らしい会話は難しいですし、相手もそれを望んではいないでしょう。また、メリットの1つに置屋の風俗嬢はプロだからサービスがいいと記しましたが、それも良し悪し。みなさんの中には、恋人のようにいちゃいちゃしたいという人も少なくないでしょう。そんな方にとって、置屋の子はいささか淡泊にうつるでしょう。

ベトナムの置屋は摘発のリスクがある

また、これは最大のデメリットかもしれませんね。風俗が法律で禁止されているベトナムでは、風俗店は公安(警察)に賄賂を払って営業しています。しかし、置屋の多くはもぐりで営業しているので、公安は見つけ次第摘発に入ります。もし行為の最中に摘発に遭ったら……想像しただけでブルっときます。

置屋のデメリット。裏を返せばカラオケのメリット

置屋のデメリットは裏を返せばカラオケの魅力でもあります。店が摘発されることはありませんし、レディはほとんどが日本語を話せます。場所もホーチミンの中心にあり、滞在ホテルからほど近い場所にあるのが普通です。ただし、置屋もカラオケもベトナムに古くからある風俗の1つ。筆者としては、できることならば両方楽しんでみてほしいところです。

>>ベトナムの置屋は要注意!取返しのつかない風俗トラブルも