ベトナム旅行を満喫!ホーチミンのナイトスポットを紹介

クルージング船のイベント

ベトナムを象徴する大都会のホーチミンは、夜も眠りません。旅行者も出張者も在住者もみんなで楽しめるナイトスポットも市内にいくつもあります。今回はホーチミンの夜に行きたいスポットをご紹介。

ホーチミンにはベトナム最大の商業都市。夜には高層ビルやショッピングセンターは競うようにライトアップをはじめ、煌びやかなホーチミンの夜の町を散策することができます。

ホーチミンには旅行者はもちろんのこと、ビジネスで来越する出張者も多くいます。そしてホーチミン在住者は6000人以上。そんな日本人を満足させる夜のスポットを今回は紹介します。

ホーチミン旅行者の定番ナイトスポット「水上人形劇」

水上人形劇場

ホーチミンに住んでいる日本人の中には、「実は行ったことないんだよね」という人もなぜか多い水上人形劇。しかし、旅行者の間では定番中の定番。どのガイドブックにも掲載されていますし、旅行会社も決まって扱っている人気ナイトツアーです。
?
水上人形劇は1000年以上の古い歴史を持ち、発祥はベトナム北部のとある農村といわれています。当時は村の雨ごいや豊作祈願、そして子供も楽しめ る庶民の娯楽として生まれたのがはじまり。その後、政府が観光資源に目をつけて、ハノイの名物観光名所として生まれ変わりました。現在ではホーチミンでも 鑑賞できるようになりました。

ディナーに夜景にダンス! 「ナイトクルージング」

サイゴン号の夜景

ホーチミンの歴史にはいつもサイゴン川が傍らにありました。そのサイゴン川を豪華クルージング船で周遊しながらディナーをとることができるナイトス ポットが人気。こちらは旅行者だけではなく、出張者の夜の時間の楽しみであったり、日本から来た顧客や本社に対しての接待の場としても支持されています。

特にホーチミンの夜景は格別です。煌びやかにライトアップされた夜の町並みを遠くから眺める。現地のベトナム人は対岸の2区から遠くこの夜景を眺め ますが、クルージング船では特等席で愛でることができます。さらに船内ステージでは情熱的なフラメンコやマジックショー、ファイヤーダンスなども鑑賞でき ます。

屋上のバーでカクテルを傾ける

Mbar

ホーチミンの夜景をサイゴン川から眺めるのも捨てがたいですが、上空から見下ろしたいという贅沢な方におすすめなのがこちらです。近年ホーチミンで は高層ビルやホテルの屋上にルーフトップバーを営業している店が多くあります。東南アジア南米といった新興国ではありがちですね。ベトナム人にとっては ちょっと敷居が高い高級バーですが、日本人にとっては学生旅行でも行ける予算の範囲内。

おすすめはドンコイ通り界隈の5つ星ホテルの屋上、もしくはグエンティミンカイ通りのシリバー、レライ通りのチルバー、ベンタイン市場傍のシルバー ランドホテル内(4つ星)屋上のOMGが人気どころです。知り合ったベトナム人女性を誘ってみてください。二人の距離がぐっと近づくことでしょう。

大人のナイトスポットといえば「ラウンジ型カラオケ&バー」

風俗カラオケ

ホーチミンへの出張者や在住者にとってはすでにお馴染みのナイトスポットです。ラウンジ型カラオケ&バーとは、美しいベトナム人女性と一緒にお酒を飲みながら歌を唄ったり会話に花を咲かせたりすることができる、夜の定番スポット。20代前半から30代半ばまでの麗しきベトナム人女性は、みなさん個性があってチャーミング。

カラオケはどこのお店も基本料金で飲み放題、歌い放題、時間制限なし。料金は40ドル~50ドル程度とリーズナブル。時間制限がないのがベトナムラウンジの魅力かと思います。ナイトスポットといえば、ちょっと怪しい感じがしますが、ホーチミンはかなり開けているので、初めての方でも敷居は低めです。

ホーチミンの夜を楽しむポイントは「挑戦」

日本では体験できない異国情緒、ベトナム情緒を体感する。それがホーチミンの夜を盛大に楽しむコツとなります。ここで紹介したナイトスポットはいずれも日本人におすすめの過ごし方。ホーチミンの町に夜の時間が忍び寄ってくると、次第に気分も高鳴り、少しばかりの刺激を求めたいと感じるはず。

そんなときは、ここで紹介したナイトスポットに足を運んでみてください。普段とは違う非日常の時間を過ごすことができます。