ベトナム風俗の最上級の出会い方「デリヘル」の利用方法

出会い方をしっかりと学習

by Kalvin Chan

ちょっとベトナムの風俗事情を調べたら、カラオケやガールズバー、カフェオムにビアオム、床屋やマッサージ店などは比較的すぐに情報を入手することができますね。そこで、日本人男性の素朴な疑問。「ベトナムにはデリヘルはないのか?」というもの。?

実はベトナムにもデリヘルがあります。しかし、ベトナム語が分からない日本人の方は、ベトナムのデリヘルは自然と敷居が高いものだと認識しているようです。今回はベトナムのデリヘルの超簡単な利用方法をご紹介します。

2パターンのデリヘルの利用方法

SNSで見つける=自分でホテルか自宅を指定パターン

ベトナムではLineよりもZaroというSNSが流行っていますが、そのZaroやWechatを利用してデリヘル嬢を見つけることができます。周辺検索機能を利用すれば、それらしい女性はすぐに見つけることができます。あとはメッセージを送って料金を確認して、OKならば着てほしい場所の住所を送りましょう。料金相場は100万ドン程度。交渉は可能。?

デリヘルサイトで見つける=相手の指定する安ホテルに行くパターン

おすすめはこちらのパターン。多くのベトナム人美女が待機している上、料金は30万ドン~80万ドンと破格の安さです。まずはヤフーやグーグルで「gai goi+地域」と検索しましょう。gai goiはデリヘルという意味ですね。地域はホーチミンやハノイ、ダナンなどと入力。すると、たくさんのデリヘルサイトが出てくるので、お好きなサイトをチョイス。どこのサイトも利用方法は同じです。

例えばホーチミンエリアのデリヘルページを選んだら、さらに地域をカテゴリーの中から絞ることができます。10区やゴーバップ区、6区など1区から少しだけ離れいる方が人数が多い上、料金も安いです。リストから女性をクリックしたら、女性のセクシーな写真を見ることができます。

呼び方ですが、女性のプロフィール(だいたい上部)に料金(例えば350Kなら35万ドン)と電話番号、パスワード(表記は「Pass or m?t kh?u」)が記載されていますので、電話番号にショートメッセージを送りましょう。メッセージはパスワードのみでOKです。

現地人であれば電話してすぐに手配できるのですが、メッセージの場合は気づかれなかったら待たされることもあります。待ち時間ですが、すぐに返信が来る場合もあれば30分~1時間ほど待たされることもあるので、複数人に同時送信して早く返信が来た人をピックアップするのも手です。

返信文には指定ホテルの住所が記載されてあるので、その住所に行って部屋に一人で入ってください。そして、ルームナンバーを返信すればじきに女の子がドアをノックしてくれます。ホテル代(約5万~7万ドン)は負担してください。

デリヘルを利用する際の注意点

まずはレタントン通りのカラオケやガールズバーと異なり、デリヘル嬢の身元が分からないということ。悪質なデリヘル嬢もいるので、シャワーを浴びるときなどは必ず貴重品は傍に置いておくようにしましょう。ゆえに、オールナイトは眠ってしまったら危険です。

さらにもう一つ。デリヘルのサイトを見ていただくと分かるのですが、デリヘル嬢のほとんどは顔を隠しています。ですので、スタイルと髪型などで判断するしかありませんので、イメージと違う女性が来ることもまま。80万ドン前後の高い料金設定のデリヘル嬢は、自分の容姿に自信を持っている節があるので、若く美人と当たる確率が高いです。

デリヘルの魅力

これは上述したように、「安く美人と本番ができること」です。メッセージのやりとりをしたり、指定されたホテルに行ったり(あるいはこちら側が指定)と、精神的な不安と緊張は高いですが、一度乗り越えてしまうと病みつきになってしまうかもしれません(笑)