ホーチミンの風俗で人気のエロマッサージ「ヌル・マッサージ」とは

ボディオイルの写真

ホーチミン問わず、ベトナムの風俗の王道となるのがエロマッサージ。その中でも、今回紹介するのは「ヌル・マッサージ」というもの。日本人ならなんとなく意味が分かるかもしれませんが、ホーチミンでも限られた場所において、あのサービスを体験できるところがあるそうです。

>>夜遊び情報「どこに何がある?」。ホーチミン中心の風俗エリア

エロマッサージだけじゃ物足りない

ホーチミン旅行者の多くは、“カラオケ”と“マッサージ”をベトナム風俗の象徴と見なしている様子。そのエロマッサージの特殊な形というべきサービスが、ここでお届けする「ヌルマッサージ」と呼ばれるもの。

ヌルマッサージはやはり日本発

ヌルといえば、「Nuru」。ご想像の通り、日本のソープでのローションサービスから来ています。誰が教えたのか、現在ではヌル・マッサージとはベトナムの男なら誰もが「日本の変態マッサージ」ということを知っています。

そのヌルマッサージを体験できるのがホーチミンの中心地。1000軒に1軒くらいの割合でこのサービスを提供しているお店があります。

人気のところでいえばカックマンタンタム通り。それ以外は空港近くでも数軒あるようです。また、自宅でサービスしてくれるデリヘル型、もしくは店舗型も存在しますが、こちらは風俗嬢個人で営んでいるとあって、サービスの質はピンキリの様子。

どんなエロマッサージをしてくれる?

マッサージルームの写真

では、実際どんなマッサージを施してくれるのでしょうか。ヌルマッサージのコースは、前半と後半に分けることができます。前半はスタンダードのエロマッサージと同じで、VIPルームにて、マッサージ嬢にシャワーで身体を洗ってもらったのち、通常マッサージから下半身へと移動。

そして、後半は粘り気のあるローションを使用し、身体を胸から足まで塗りたくってくれます。この動作が本当に気持ちいいです!

日本のようなスライム状ではありませんが、確かにソープを真似ている感はあります。お店によっては日本の風俗嬢と同じように、嬢の身体もローションまみれになって、身体で身体を擦りつけてくれるようですが、多くの場合は両手でマッサージのようにやられます。それ以上のサービスを受けたら(ラッキー!)と思いましょう。

結論:行く価値があるかどうか

結論から言うと、「あまりないかも……」という結果に……。ホーチミンに住んでいる日本人であれば、行く価値は十分あるかと思いますが、旅行者や出張者など、普段から日本のソープで上質なサービスを受けることができる方にとっては、「えっ、こんなもん?」と残念に思ってしまうかもしれません。

ベトナムの風俗を体験したければ、そこらへんのエロマッサージや風俗カラオケ店の方が全然満足度もコスパも高いかなと思います。以上、ヌルマッサージのレポでした。

>>ベトナム(ホーチミン)風俗の〇〇オムとは