ホーチミンでピンサロを楽しめる場所

ホーチミンの怪しげなマッサージ店

ホーチミンの風俗も日本同様、本番ができるお店、ピンサロ、手抜きなど、サービスによって風俗店が異なります。今回紹介するのは、その中でもピンサロを楽しむ方法。初めてホーチミンに訪れる旅行者や、現地の地理を知らない方は必見です。

ホーチミン市街地でピンサロを楽しめるお店

ベトナムでは風俗はもちろん違法。ですので、どこの風俗店も表向きはマッサージ店や美容サロン、レストラン、カフェなどを運営しています。しかし、店内奥では風俗を体験することができるという仕組みです。

できる確率は五分五分だが、それでも人気の「マッサージ店」

エロマッサージを提供するお店は、ホーチミン市内にたくさんあります。マッサージ店は基本は手抜きのサービスですが、レディによってはピンサロもできる女の子もいます。「手は〇〇ドン、口は〇〇ドン」といってきますので、それで値段交渉することになります。

ただし、ピンサロの交渉ができるかどうかは五分五分。多くの女の子は手抜きのみとなるでしょう。また、料金相場も高めです。エロマッサージ店の場合は基本料金が数十万ドンかかるので、さらに手抜きで30~50万ドン、ピンサロで50~100万ドンかかります。

ホーチミンでピンサロといえば「美容サロン」

ホーチミンでピンサロといえば、「美容サロン」に偽装しているお店がそう。ネットで調べてみると、「冷気床屋」、「偽装床屋」などと呼ばれています。なぜ冷気床屋かというと、最近は少なくなってきましたが、一昔前までは「ホットトック・マイラン」という看板がピンサロ床屋の目印でした。この「マイラン」が日本語で「冷房」という意味を持っています。

美容サロンの場合は、店内に入ると複数の女の子が待機しているので、その中から好みの子を選びます。あとは奥の部屋にある診療台のようなベッドでピンサロサービスを受けます。

注意点は、基本この手のお店はピンサロが売りなのですが、外国人だと分かると手だけのサービスに切り替えて、「口は〇〇ドン追加よ」と言ってきます。できれば料金を聞く最初のタイミングでサービス内容も確認しておきたいところですね。ちなみに料金相場は20~40万ドン。

旅行者がピンサロを楽しむのは少し困難?

上記のお店がピンサロを楽しめるところですが、このうち美容サロン(偽装床屋)はローカル風俗となるので、観光客がいるようなドンコイエリアやベンタイン市場といった市街地にはありません。もしピンサロを楽しみたいなら、エロマッサージ店に入ってみるといいでしょう。

ディスカッション

コメント一覧

まだ、コメントがありません

コメントをどうぞ


上の計算式の答えを入力してください