2月のベトナム旧正月。風俗は予約が必須!

旧正月のホーチミン
旧正月のホーチミン

新暦の1月1日は日本のお正月ですが、実はアジアでこの日にお正月を祝うのは日本だけ。ベトナムは古くから旧暦で祝う習慣があり、今年2019年は2月4日が大晦日。翌5日が元旦となります。

「テト」と呼ばれる旧正月期間中は、お店を閉めるところがほとんどで、皆さんが行く風俗カラオケ店なども同じです。この時期にベトナム及びホーチミンに旅行される方は、必ず現地の営業状況を入手しておくとともに、営業していると分かったら、即予約するのがおすすめです。

2019年の旧正月(テト)期間

2019年の旧正月は先にご紹介したように2月4日が大晦日で、翌5日が元旦。5~7日が正月三が日となります。政府が定めたテト休暇は2月2日~10日の9連休となります。ちなみにこのテト正月期間は、昔の暦で数えるため毎年日付が異なります。

旧正月期間中の風俗店の営業状況について

民間企業のお店がこの9連休すべて閉店することは稀ですが、大晦日から正月三が日の4~5日は、多くのお店が閉店することになります。ホーチミン観光における最大の繁華街であるドンコイエリアも同様。ただし、並行するグエンフエ通りではフラワーロードが開催されるので、それに便乗するためにお店を開けているところも少なくありません。

一方、肝心の風俗店ですが、こちらは大晦日から正月三が日までは、残念ながら多くのおお店が閉店することになります。ただし、すべての風俗カラオケ店、ガールズバーが閉店するわけではなく、一部のお店は元旦から営業をしているところもあります。

旧正月期間中のホーチミン旅行。風俗遊びは必ず予約を

この旧正月期間中は、お店によっても営業状況は異なります。そのため、旧正月期間中に風俗を楽しみたいホーチミン旅行者は、必ず現地の営業情報を入手するようにしてください。

また、一部営業しているお店には、多くの客が利用することが予想されます。1つのお店で用意している部屋は4~6部屋程度なので、すぐに一杯になってしまいます。必ず事前に予約するようにしてください。

>>風俗カラオケのご相談・ご予約はこちら

>>風俗カラオケ店のお店一覧へ