ホーチミンの風俗店。カラオケ部屋では何ができる?カラオケが苦手な人もOK

風俗店「サラ」の女の子たち

旅行者がベトナムのホーチミンで風俗を楽しみたいと考えるなら、まず最初に思いつくのがレタントン通りの日本人町にある風俗カラオケ店。

カラオケ店と名のつくからには、やはり女の子とカラオケを楽しむことを基本としています。しかし、中には「カラオケが嫌い」、「もっと別の楽しみ方はないの?」と不満に思う人もいます。そこで、今回はカラオケ以外の女の子との楽しみ方をご紹介します。

「カラオケで遊ばないといけない」と誤解されているが……

カラオケ店「サラ」の部屋

風俗店として知られるベトナムのカラオケ店。気に入った女の子を指名して、その子と心行くまで密室のカラオケルームで誰の邪魔もなく2人っきりになります。この風俗店はベトナムだけではなく、タイやフィリピン、インドネシアといったアジアではどこでも見られるサービス形態で、通称“KTV”と呼ばれています。

しかし、初めての旅行者や出張者は、よく「カラオケで遊ばないといけない」と誤解をしているような節が見受けられます。

カラオケルームでの楽しみ方

風俗店「サラ」の女の子

カラオケルームでは、もちろん全室にカラオケマシーンは設置されています。お店によっては最新の歌を仕入れているところもありますね。女の子も教育されているので、大抵の子は1曲か2曲日本の歌を歌えるので、デュエットを楽しむことも可能。

しかし、カラオケ以外でも女の子と仲を深める方法はあります。

誰もが知っているゲームで遊ぼう!

お店によって揃えている種類に違いはありますが、お客と女の子を盛り上げてくれる玩具やゲームは部屋の中に常備されています。ホーチミンのカラオケ店で定番なのは、「ジェンガ」、「黒ひげ危機一髪」、「スーパーイタイワニー」など。

女の子と一緒にハラハラドキドキ体験を共有することができますので、あえてカラオケは一切歌わないで、これオンリーで楽しむのも1つの手。

母国語を教え合おう

こちらは旅行者に人気の楽しみ方。風俗カラオケ店で働く女の子は、みんな大なり小なり日本人や日本語に興味があります。日本人の彼氏を作るため、日本の会社で働くため、日本に移住するために日々日本語を学習している女の子も少なくありません。

そこで、皆さんが束の間の家庭教師になって、日本語を教えてあげるというのはいかがでしょうか。もちろんその逆もあり。女の子が簡単なベトナム語を教えてくれますし、下心満載の男なら、エロ単語を教えてもらうのもいいでしょう。はにかみながら教えてくれるかもしれませんよ。

単純に会話を楽しむ(エロ含む)

最初に女の子を選ぶ段階で、ママやマネージャーに「日本語が上手い人教えて」と頼んでみましょう。すると、女の子が手を上げてくれるので、その中からチョイスすることができます。

日本語で普通に会話をすることができれば、お互いの趣味や休日の話に花咲かせることができますし、旅行者なら「明日一緒に観光に付き合ってよ」なんてお願い(交渉)もできます。もちろんエロの会話もあり。その後、二人の仲が深まってきたなと思ったら、ホテルへの交渉に持ちかけるのもいいでしょう。むしろ、そのときは女の子から声をかけてくれるかもしれませんよ。

カラオケ店「サラ」の部屋

カラオケが苦手な人も大歓迎!

今回ご紹介したように、KTVはあくまでも風俗店であり、カラオケ店ではありません。カラオケが苦手な方も、お酒が飲めない方も大歓迎。これらは女の子を口説くアイテムに過ぎないことを覚えておきましょう。

ディスカッション

コメント一覧

まだ、コメントがありません

コメントをどうぞ