ホーチミンで風俗体験!ドンコイ通り(エリア)で楽しむ方法!

夜のドンコイ写真

ホーチミンのドンコイ通り(エリア)は旅行者にとっての最大の繁華街となります。お土産店、スパ、レストランなどが所狭しと並び、このエリアを散策するだけでも1日観光として成立してしまうほど。

日本人にとっては最もメジャーなエリアなので、このドンコイ界隈のホテルに宿泊する、という人も多くいます。そこで、今回はドンコイエリアの風俗事情を徹底紹介します!

ホーチミンのドンコイエリア。風俗店はないって本当?

ドンコイの夜
ドンコイの夜

もし皆さんが夜のドンコイ通りを歩いてみたら、風俗らしきお店は1つも見つけられないことに気づきます。深夜になってもドンコイ通りやその周辺エリアは努めて平和。それもそのはずです。

ドンコイエリアは外国人旅行者にとっての観光の要所となるため、ホーチミン市の自治体も力を入れて風俗の撲滅に当たっています。そのため、歩いて見つけられるような場所に風俗店は一切ありません。

ドンコイで風俗を楽しむなら、バイクタクシーを捕まえよう

危険な香りは一切しない

もしドンコイで風俗を楽しみたいならば、道行くバイクタクシーを捕まえるのが手っ取り早いといえます。男一人、もしくは男同士で歩いていれば、バイクタクシーの方から話しかけてくることもあるでしょう。

古びたホテルでビアオムを楽しめる!

ホーチミンの夜の風景

このバイクタクシーについていくと楽しめるのは、「ビアオム」と呼ばれる風俗店。ドンコイエリアのとある路地裏に連れていかれて、古びた建物、もしくはホテルの地下一室に案内されます。

部屋はテーブルとソファ、カラオケ機器があるのが定番。しばらく待っていると、女の子が入ってきて、彼女たちと一緒にカラオケを楽しみながらビールを飲みます。レタントンの日本式カラオケ店と比較するとお触りが自由という点はうれしいですが、①1缶のビールの値段が分からない、②フルーツの盛り合わせの値段が分からない、といった不安を抱えながらカラオケを楽しむことになります。

会計時に受け取る請求書には、バイクタクシーが最初に行った値段とはかけ離れた料金が印字されていて、そこから値段交渉などがはじまるのが常。大体2万円くらいとられるようです。また、女の子を持ち帰ることもできますが、それは女の子と直接交渉して別料金を払うことになります。持ち帰りの相場は1万5000円程度。

デリヘルを体験できるかも!

ホーチミンのホテルのシャワールーム
一緒にシャワーを浴びれればいいが……

ビアオムも最初にすべての料金体系を聞き出すことができれば、ぼったくりなしで楽しむこともできます。ただし、旅行者が最初からそれをやってのけるのはまず不可能。

そこで、おすすめしたいのが、「デリヘル型風俗」です。バイクタクシーが斡旋していることもありますが、ドンコイでは恰幅の良いおばちゃんやおじちゃんが歩いていて、彼らに声をかけられるのが定番です。

彼らはスマホで女の子の写メを見せてきて、「この子を貴方のホテルに呼べるよ」と言ってきます。値段は8000円から1万円くらいで安いのですが、当然のことながら写メの女の子とはかけ離れた子がやってきます。また、自分がシャワーを浴びている間に財布からお金を抜き取られたり、財布を盗まれてそのまま逃げられることもあります。

レタントンの日式カラオケまではたったの徒歩10分

ホーチミンのカラオケ店

ホーチミンのドンコイの風俗は御覧のように慣れていないとリスクがあります。レタントンの日式カラオケまでは徒歩で10分足らずなので、面倒くさがらずに散歩がてら歩いてみてはいかがでしょうか。

ちなみに当サイト夜旅経由でご予約いただければ、お店のスタッフが宿泊ホテルのロビーまでお迎えに上がることができます。

>>ホーチミンの風俗のご相談・予約はこちらへ

ディスカッション

コメント一覧

まだ、コメントがありません

コメントをどうぞ


上の計算式の答えを入力してください