ベトナムの風俗!日本人向けのお店ってどんなの?

日本の風俗といえば、ピンサロやソープ、デリヘル、性感マッサージなどが思い当たるでしょうか。ではベトナムの風俗はどうでしょうか。この記事を読んでいる大半の読者は、これから初めてのベトナム旅行、もしくは出張で、夜の楽しみを探している……といったところではないでしょうか。

そんな方は、初めから現地人が行きつけにするようなディープな風俗はおすすめしません。ここでは「日本人向け」の風俗とはなんぞや、というところから、おすすめのお店などもご紹介します。

ディープな風俗がおすすめできない理由

ベトナムの路地中にて
ベトナムの路地中にて

ベトナムの風俗の種類の中でも「置屋」、「デリヘル」、「カフェオム」などはディープなカテゴリーと言っていいでしょう。日本人の中でも遊び慣れた方や、ベトナム在住歴が長い方、夜遊び好きのベトナム人の友達を多く持っている方などは遊んでいますが、旅行者や出張者向きではありません。

なぜおすすめできないかというと、「安全が保証されていない」というのが最大の理由。日本でもまれにありますが(テレビのドキュメンタリーで見かける程度)、いわゆる「警察による摘発」です。ベトナムでは風俗はご法度なので、どこのお店もお忍びで営業しています。

ベトナムの警察

置屋のような小さな風俗店やカフェオムは警察の目を盗んで営業しているので、見つかったら即摘発。お店の従業員、お客もろとも逮捕されます。一方、誰が見ても怪しそうな風俗店は、一般的に警察に賄賂を払って営業しているので問題はないのですが、賄賂の支払いが滞ったり、警察の気分を害すような真似を店側がした場合は即刻摘発されます。

安心できる!風俗カラオケが日本人向け

ベトナムのカラオケ店の外観

もし捕まったら多額の罰金。最悪刑務所か強制送還。旅行者は旅行会社になんと言って説明すればいいのやら。出張者は特に問題ですね。強制送還されると一定期間ベトナムには入国できませんし、当然会社にも知られます。やがては会社をクビ、家族崩壊……。

そうならないためにも、旅行者や出張者、駐在員におすすめしたいのが「風俗カラオケ店」です。

日本にはないベトナムらしい風俗を楽しめる

ベトナムの風俗カラオケは古くからある風俗店の1つ。ベトナム人もよく利用しますが、日本人向けなのはホーチミンのレタントン通り・日本人町エリアに並ぶお店。いずれもママやマネージャーは日本語がうまいですし、コンパニオンも日本語ができる子が多くいます。

また、この日本人町エリアは古くから日本人向けの風俗エリアとして盛んなため、警察も賄賂を受け取っている限りは目をつむってくれます。ときおりお家騒動はありますが、お客が被害を被ったという話はこれまで聞いたことがありません。

日本人町エリアのエロマッサージ店もおすすめだが……

ベトナムの風俗

ホーチミンのレタントン通り・日本人町エリアにあるエロマッサージ店も日本人に人気があります。ただし、こちらはビギナーの方だとぼったくられる確率が大。基本料金が2500円程度。そしておざなりのマッサージのあとは本番ができるのですが、最初は3万円くらいふっかけられます。

セクシーな女性の足

エロマッサージの本番は相場で1万円程度。実に3倍です。しかもカラオケで出会った女の子と違い、マッサージ嬢は本当にマグロ。前戯もほとんどなく自分でジェルを陰部に塗って柔らかくし、無理やり挿入させようとします。

日本人向けの風俗で安全に遊ぼう

ちょっとした冒険心から思いもよらないトラブルに発展することもあります。「バンコクやバリ島、フィリピンで遊んだことがあるから大丈夫だよ」という人もいるかもしれませんが、ここは社会主義のベトナム。他とは勝手が違います。安全第一に遊ぶのが日本人にとっては一番なのではないでしょうか。

>>ベトナム・ホーチミンの風俗の種類。夜遊びナイトスポットを紹介

ディスカッション

コメント一覧

まだ、コメントがありません

コメントをどうぞ


上の計算式の答えを入力してください