ベトナム風俗。過激なKTVは警察に摘発されるので危険!

ベトナム風俗。過激なKTVは警察に摘発されるので危険!

ベトナムの風俗といえば、風俗カラオケの「KTV」。東南アジアの代名詞ですね。最近日本人で過激なKTVを求めて夜旅に問い合わせする人がいます。そこで、今回はセクシー系KTVの内容と危険度をご紹介します。

アジアでは風俗カラオケのことを「KTV(ケーティーブイ)」と呼ぶ

まずこれは覚えておきましょう。ベトナムだけではなく、タイやフィリピン、バリ島などの東南アジアの風俗カラオケは、「KTV(ケーティーブイ)」と呼ばれています。これはもともと中国の風俗カラオケが発祥と言われていて、カラオケテレビの略とのこと。ベトナムでもベトナム人に言ってもKTVというのは広く伝わっています。ただし、中国では普通のカラオケもKTVというようですが、ベトナムではKTVといえばセクシーカラオケ=風俗カラオケを指すので注意してください。

日本式KTVと過激なKTVの違い

日本式KTVと過激なKTVの違い

日本人旅行者、出張者、在住者がともにベトナムでよく利用するKTVは「日本式カラオケ」。「日式」とも呼ばれています。当サイト「夜旅」で紹介しているKTVもすべて日式KTV。では、日本式KTVと過激なKTVは何が違うのでしょうか?

日本式KTVのサービス

日本式KTVは「飲み放題」というコースを選ぶのが基本で、これに飲み代、部屋代、女の子指名料、そのほかママやウェイターのチップなどがすべて含まれています。サービス面でいえば、カラオケルームで好みの女の子を選んだあとは、日本の歌も入っているカラオケを楽しんだり、日本語を教えてあげたりとほのぼのとした雰囲気が特徴です。手を握ったり肩を抱いたりくらいは大抵の子は許してくれますが、それ以上の行為はほぼできません。

過激なKTVのサービス

一方、過激なKTVは飲み放題というコースがなく、飲み代、部屋代、指名料、ママのチップ、ウェイターのチップなどがすべてばらばらなので、会計が非常に不明瞭です。また、日本式KTVは女の子の飲み代は別のものの、基本女の子は1杯程度しか飲みません。それに引き換え、過激なKTVは女の子はびっくりするくらいビール飲み漁り、ものの1時間で1ケースなくなってしまいます。

ただし、サービス面で言えば、基本的にお触りは自由。お尻だろうが胸だろうが揉みしだくことができます(ただしキスはNGの子がほとんど)。また、服装もシースルーで乳首が透けていたり、また、お酒が入ると脱ぎ始めてくれる子もいます。ただしその場ではほぼできなく、近くの時間貸しのホテルに連れて行くことになるのは日本式KTVと同じです。

過激なKTVの何が危険なのか

過激なKTVの何が危険なのか

これだけ聞くと、「過激なKTVの方が風俗らしくていいじゃん」と思うかもしれませんね。確かにそうかもしれませんが、幾つか危険な落とし穴があり、場合によっては取り返しのつかないことにもなります。

高額な料金の請求

日本式KTVの場合は、飲み放題が50ドル程度、そのほか女の子の飲み代、チップ含めて、60ドルあれば足ります。持ち帰りの相場はショートで150ドルと高めですが、それでも250ドル以内に収まります。一方、過激なKTVの場合は、カラオケの飲み代やチップ含めると、およそ200ドルから500ドルかかり、さらに持ち帰り代は別途50~100ドル程度かかります。合計すると過激なKTVの方がかなり高くなります。もちろん悪質なKTVも多く、その何倍も請求されることもあります。

女の子はドラッグをやっている可能性

私の友人はしばしばこの過激なKTVに行くのですが、そのたびに「昨日指名したあの子は絶対やってるね。きまってたもん」と言います。ベトナムではドラッグは違法。情状酌量の余地なしで数年から十数年懲役を食らうほか、物によっては死刑となります。

警察の摘発

最近はこのような過激なKTVは、売春とドラッグの場として警察に目をつけられているので、続々と摘発されています。自分が女の子とカラオケルームで遊んでいるときに、突然警察が突入してきて全員を逮捕、なんて記事はしょっちゅう見かけます。

過激なKTVはどこで楽しめる?

過激なKTVはベトナム式KTVで楽しむことができます。ホーチミンで言えばチャンフンダオ通り沿いに幾つかあります。また中国式KTVはお触りはそれほどできませんが、シースルーの服を着た女の子が普通にいたりします。こちらもチャンフンダオ通りの5区チョロン寄りにあります。

ディスカッション

コメント一覧

まだ、コメントがありません

コメントをどうぞ


上の計算式の答えを入力してください